FX業者を選ぶ時に信託保全が重要な理由は?

 


FX取引を行なう際には、必ずFX業者を決めてからその業者の口座を作らなければなりません。

 

FX取引を始める時に最も重要なことは信用の出来るFX取引業者を選ぶことです。

 

しかしFX取引を扱っている業者は現在では100社以上もあると言われていて、正直どの業者を選んでいいのか分からないくらいです。

 

そこで多くの人がどうせどこの業者も一緒だからどのFX取引業者でも変わらない、と適当にFX取引業者を選んでしまいがちですが、適当にFX取引業者を選ぶ事は、なるべく避けるようにしましょう。

 

FX取引業者を慎重に決めなければいけない理由は、FXは相対取引だからです。

 

相対取引とは、あなたとFX業者が1対1で取引をすることです。

 

そしてここでの取引条件は全てFX業者側で決めていて、その業者と取引すると全てその業者の言われた条件で取引を行なわなければいけなくなるのです。

 

そのために自分が納得した業者を選ばなければいけないのですが、その業者選びの中で最も重要なのはやはり業者が信託保全をしているかどうかです。

 

信託保全とはFX取引業者がお客さんの大切な資金を信託銀行に預けることで、FX業者が万が一破産しても信託銀行に預けている資金は自分達のところに戻ってくるもので、要は信託保全は一種の保険と同じようなものです。

 

信託保全を導入している業者は、自分達の資金と顧客の資金は分別して管理しています。

 

そして信託管理は外部の公認会計士によって監視されています。

 

このように信託保全はトレーダーの資金を守ってくれるものなので、FX取引を行なう時には最も重要なことなのです。

関連サイト

ネット証券投資信託の比較ランキング!
ネット証券会社で投資信託の比較をしたい方はこちらのサイトをご覧ください。ランキング形式でオススメの証券会社が確認いただけます。
xn--9ckkn6335a41q9jehi335bqv0eu8j.skr.jp/